darumae02.jpg



嵐山の天竜寺のだるま絵です。




なんか親しみのわく絵で、じっと見てました。





バタバタの毎日の中。このだるま絵のように





自分はどこに行くんだろ?どこに行きたいんだろう。と





じっくり考えてみたい。





この絵のモデルになってる達磨大師。






インドで生まれて中国に渡り崇山少林寺で9年間座禅を組んで悟りに達した
といいます(面壁九年)。あまり長い間座禅をしていたために足が腐ってし
まったという俗説があのユーモラスなダルマ人形を生んだともいいます。




七転び八起きもそうですが





続けること。くじけない事の大切さを教えてくれます。











gremzも大きくなあれ♪


Secret

TrackBackURL
→http://takeshi1217.blog44.fc2.com/tb.php/414-a2791bb9