昨日の事ですが。


娘を見ながら・・・・・反芻しながら・・・・・思い起こす。


koto-2009-11-07.jpg





先輩から制作依頼の紹介のお話を頂きました。


相手様と、電話での打ち合わせ。







色々と制作のお話をほとんど人づてで、頂きまして成り立ってるんですが



残念ながら、今回は折り合いがつかずお断りする事に。





基本頼まれると断れないタチ。




今までは何とかやってはこれたんです。




でも、ここからはきっちりと訳をお話ししてお断りする時ははっきりしようと。


(何でもお断りするわけじゃありませんよ。)





急いでやれば出来たかもしれない。

でも雑になってしまう。





雑なのはお客様には分からないかも知れない。

でも同業の制作者側に見て頂いたときにはどうだろう?


自分だって、どこかで誰かの作品見る時はもうそりゃ~ってくらいガン見!ですもの。




確かに、プロとしてクオリティを保ちつつ、時間に間に合わす。

当たり前の事。ここで書くべきではない位の事。






英断”なんて偉そうに言ってますが、お断りしてからちょっと後悔も。






情けないな~、まだまだだな。とか。






でも、出来ない事はやっちゃダメ。態度ははっきりと。先輩に教えて頂いた事が。







お断りしたお客様、申し訳ありません。自分の力不足です。






























gremzも大きくなあれ♪



Secret

TrackBackURL
→http://takeshi1217.blog44.fc2.com/tb.php/407-9fdddce8