葬儀がありまして。


滞りなく、行われました。ご近所のお世話になった方々ありがとうございます。



じいちゃんも安らかに眠れる事と思います。



で、葬儀後のおきゃく”。



故人の事をしのんで皆さんで飲んで、食べてします。



サワチ料理が並びます。



tosanookyaku.jpg



僕も飲みすぎ。あはははは。けど、気も張ってたのか全く酔わず。二日酔いもナッシング。



nomisugi_20081210131731.jpg



でね、親戚の人達と色んな話をしててね。


みんな感じてるのが、不況。職の不安定。ニート・フリーターの増加。


それと雇用の格差。


そんな中で、話してた事が、人間力の低下。



人間力=コミニケーション能力や、問題解決能力。プレゼン能力。




高知で言うところの、前がきれる”力。



が最近の若い子は不足してるとの事。



社会に出るには、学歴も大事。けど、社会に出てからは知識ももち必要ですが



人間力の方がさらに大事。って事をおじさんたちは言われてた。



このおきゃくでも、やっぱりそういう人間力は大事。



今回は我が家が、会場ですからやっぱり皆さんに挨拶していかないと行けない。



そこで高知は、返杯”と言いう恐ろしい!?しきたりがあるわけですが・・・・・



そういう心を尽くすことが大事なんじゃないかと。




そんな事を話して、今日のラジオを聞いてたらまさにドンピシャなお話がネットラジオから。





本の紹介での話題でした。



hondayuki.gif



▼バブル崩壊から15年、ある時期を境に、あらためて「メリトクラシー(業績主義)」という言葉を耳にする機会が増えたように思います。そして現在、それは過剰なまでの社会的要請を受け、「ハイパー・メリトクラシー」とでも呼びうる社会を現出させようとしています。
▼今までは、頑張って勉強をすれば、よい学校に入り、よい企業に入るという、ある種の成功パターンを踏むことが出来ましたが、そんな時代はとうに過ぎ去った、と著者は指摘します。
▼次々と現れる「落とし穴」を回避するためには「学力」だけでなく、新しい「能力」が求められています。「頑張る」とは? 「社会的地位」とは? そもそも「能力」とは一体なんなのでしょうか。
▼気鋭の社会学者が描き出す、恐るべき日本のターニングポイント。これから子供を作る人も、いま子供を育てている人も、是非手にして欲しい、考えて欲しい1冊です。



NTT出版より。



読んでみようかなあ・・・。



高知という土地柄は特にこんな人間力が必要な土地柄かも。



ぼくも酒が好きな方なので、よく皆さんに心配をされます。

酒ばっかのみゆうろ。体壊すぞ。とかね。



ただ、最近は飲み方が変わってきた。バカ話ばっかじゃなくなってきた。




色んな方と、仕事話やガラスの話。精神論や、物の価値捉え方など・・・・・。




会話の内容が変わる。以前この方に話えお聞いたステージが変わるってこういう事かな。


お酒は人と話する時のオイルのような良い潤滑剤みたいなものの一つ。


と、親戚のおばさんに聞かされました。



なるほどな。特に高知ではそうなのかね。



学歴のない、僕にとっては是非磨かないといけない力と思いました。



たまには、まじめな事も書きますよ。



挨拶ひとつから始まる。人間力。それは親が躾ないといけない勉強の一つだと思います。






ながながと読んでくれた方、ありがとうございます!!







gremzも二本目成長中!







読んだ時は傘をクリックぞね。ポッチリクリック。




Secret

TrackBackURL
→http://takeshi1217.blog44.fc2.com/tb.php/197-29da794d